face therapie cosmetics 

 

肌が持つ自然美肌力をサポートします


ファセテラピ-の主役はハンドです

化粧品はハンドマッサージをサポートするものでなければならない

それがファセテラピーの基本的な考え方です

 

ハンドマッサ-ジをサポ-ト

化粧品とハンドマッサージは相補的な関係にあります

両者が一緒になってこそ最大限に効果を引き出すことができます

 

天然素材へのこだわり

 ファセテラピーの施術はディープクレンジングとリペアが中心です。施術の効果を最大限に引き出すことのできる化粧品を追求してきました。クレンジングから最後の仕上げまで使う化粧品。化粧品の品質と素材には妥協することなくこだわっています。

一般に業務用・店販用化粧品のほとんどには多くの合成化学物質が使用されています。あくまでも天然の素材を使用することに可能な限りこだわってきました。しかし化粧品として許可されるためには防腐剤などを使用する必要があり、また、コラーゲンを液体に溶かすための溶媒も必要です。合成化学物質を使用するにあたっては厳選し、使用量を可能な限り少なくしています。




あなたの肌の老化、それは化粧品の使い過ぎ。

 

乳液、クリーム...本当にそんなにたくさんの化粧品が必要ですか?たとえば、乳液とクリームは与えた水分を肌にとどめるために膜をはるという目的で必要です。しかし、私たちの肌が持っている皮脂膜のことを考えてみましょう。皮脂膜は顔などの一部にありますが、それ以外の部分にはありません。でも、皮脂膜がなくても肌は乾燥することなくしっとりとしている場合が多いのです。逆に皮脂膜がある部分で皮脂分泌の多い部位では肌が乾燥することが多いのです。肌が乾燥しているからといって無理やり肌に水分を閉じ込めようとしても、肌が本来持っている保湿機能を高めることができなければ本当の意味で肌にうるおいを与えることはできないのです。肌がクリームなどでベトベトの状態が保湿できる状態ではありません。肌表面はサラリとしているけど、保湿機能がきちんとはたらいている状態が見た目にも美しいのです。例えば、赤ちゃんの肌がその代表例。クリームばかりに頼っていると肌が本来もっている保湿機能は弱っていくばかりなのです。

 

肌の持つ自然美肌力をサポ-トする

 

それが化粧品の役割であると考えます。「とるつける」:しっかりとしたクレンジングと品質のよいエッセンス。この2つがファセテラピー化粧品の基本。あなたの自然美肌力をひきだします。